• 始める
  • ニュース
  • Ryzí - メタバースのファッション トレンド
  • Ryzí - メタバースのファッション トレンド

    Ryzí - Fashion Trends in metaverse - Ryzí

    メタバースのファッション トレンド。ファッションとして通用するものはすぐに変わります。

    現在、メタバースとデジタル ファッション トレンドが業界で最もホットなトピックです

    ファッション業界のデジタルトレンド:

    デジタルアパレル:


    デザイナー、インフルエンサー、ファッショニスタの心の中では、デジタルの衣類やアクセサリーが最もホットな新しいトレンドです。

    デジタルカタログは、これらの服が現実世界で入手できる唯一の場所です。消費者は、仮想世界、ゲーム、さらには写真上の単純なオーバーレイとしてそれらを使用できます。たとえ購入者がそれらを使用できなくても、それらに対する欲求は高まり続けています。

    消費者は数分以内に、自宅のデジタル在庫から選んだ服を好きなだけ試着できます。

    物事をさらに刺激的にするために、デジタル服は試着して購入するための優れた方法となっています。

    仮想モデル:

    感染症の流行と社会的距離の制限により、人体モデルを伴う物理的な歩道はもはや不可能になりました。

    バーチャル モデルは、新製品の発売やコレクションの展示に伴うもので、実際のモデルとは異なり、ブランドのコレクション全体が数分で表示され、これらすべてが Ryzí Universe のような完全に架空の 3D ユニバースで発生します。


    Stellar の仮想打ち上げのビデオを見たことがありますか?
    https://www.youtube.com/watch?v=opg7vb1NqTQ

    ファッションとビデオゲーム:

    世界中のファッション業界のブランドが、ゲーム業界での地位を確立しつつあります。プレイヤーからデジタル スキンやアクセサリーを購入して、プレイ中に自分を表現できるようにすることができます。初の豪華フォートナイト コレクションを作成するために、大手高級ブランドのバレンシアガが Epic Games と提携しました。ライアット ゲームズとルイ ヴィトンは、2019 年のリーグ オブ レジェンド ワールド チャンピオンシップ ファイナルの仮想スキンで協力しました 全体として、協力する最先端のビデオ ゲーム会社の数は拡大しています。ミレニアル世代や Z 世代を引き付けるために、企業は新しいデジタル トレンドでビデオ ゲーム開発者と提携しています。

    NFT:
    簡単に言えば、NFT は本質的にブロックチェーン製品です
    市場で交換できるもの
    ブロックチェーンの。

    NFTは代替不可能なトークンの略で、ユニークなスポーツカードのようなユニークなトークンであることを意味します。
    または限定版のヴィンテージ衣料品。

    絵、音楽、GIF、さらには古いツイートなど、デジタルなものであれば何でも構いません (そうです!)。

    高級eコマースファッションブランドはNFTゲームにどのように取り組んでいますか?

    NFT コミュニティの構築は未来です。
    モルガン・スタンレーによると、NFTは今からわずか8年後の2030年までに高級品市場の10%以上を占めるようになるという。

    すべては、製品やブランドがもたらす誇大宣伝とコミュニティ感にかかっています。現実の世界では、ナイキのエア ジョーダン コミュニティやハーレーダビッドソンのオートバイ クラブです。

    共通の興味を持ち、ブランドをサポートしながら売上を伸ばすことができる人々と出会うことができることは、顧客体験の頂点です。これは、大手ファッション ブランドが間もなく採用し始める可能性がある素晴らしい戦略です。



    メタバース ブーム:
    ファッションにおけるデジタル トレンドは、メタバースの他のトレンドと同様です。消費者は、オンライン環境で現実世界と同じように生活、遊び、買い物をすることができます。

    その結果、生産者と消費者は、創造的な表現と楽しみのための新しい道、そしてお金を稼ぐための新しい道を手に入れることになります。

    モデルはデジタル服を着て世界のデジタルキャットウォークを歩くことができます。顧客は拡張現実や仮想現実 (AR/VR) を通じて商品を直接見ることもできます。

    メタバースでは、NFT の形でデジタル衣類を購入することもできます

    デジタル メディアへの欲求:
    ソーシャルメディアの存在感の増大により、人々の生活は劇的に変化しました。
    消費者の嗜好は、物理的な商品から非物質的な商品へと進化してきました。

    彼らは、自分自身を表現し、興味を共有する他の人と交流できるデジタル ツールに惹かれています。デジタル コンテンツに対する需要が高まっているため、消費者は仮想世界でデジタル コレクションのアセットをメタバースとして利用することを選択しています。



    個性の魅力:
    一般的なスタイルやコレクションの人気が高まるにつれて、ファッション業界は短期生産から大量生産へと進歩しました。

    一般化運動は大流行になりつつあります。顧客は今、自分自身の一部を表現するものを購入することを望んでいます。パーソナライゼーションは、さまざまな新しい顧客の要望の結果として導入されました。

    ファッション ブランドはこの方法を使用して、顧客の特定のニーズに合わせて製品を調整します。実際のものとなると、カスタマイズは非常に難しく、高価であることは明らかです。

    一方、バーチャル グッズは、コンピューターやその他の電子デバイス上で無限に再現できます。アクセシビリティの結果、仮想アイテムは急速に人気のファッション トレンドとなり、顧客に大きな影響を与えることになります。